UA-120072558-1 小学部 | 埼玉大学教育学部附属特別支援学校

小学部の教育 (①教育目標 ②めざす子ども像 ③日課表 ④学部経営重点事項)

① 小学部 教育目標

一人一人の実態に応じた生活に即した学習や体験的な学習を行い、さまざまな活動に興味関心をもって生き生きと取り組む児童を育成する

小学部の児童は生活年齢が低く、経験の少なさから興味関心の幅が狭い傾向がみられる。よって、教員は、子どもの障害や発達の状態、興味関心を的確に把握し、発達上、生活上の課題を克服して、様々な物事に積極的に取り組めるような教育活動を実践することが重要である。また、子どもの「よさ」である好きなことや得意なことを活かしながら、よい面を伸ばしていく視点も大切である。それは、小学部の児童が活動に生き生きと取り組み、もてる力を最大限に発揮し、自己実現する上で必要な要素だからである。さらに、成功経験を積み重ねて自己肯定感を高めることが、将来を豊かに生きる力につなげていくために必要である。

したがって、児童がその興味関心に基づきながら、伸び伸びと遊んだり、学習や運動に生き生きと取り組んだりする活動の中に、教員は意図的に生活に即した学習や体験的な学習を組み込むことが大切である。様々な興味関心のもてる学習活動を展開する中で、物事に積極的に取り組む力、身辺処理に取り組む意欲、心身ともに健康な生活のできる能力、周囲の人と共に楽しく生活していくための基礎的な態度、それらを支える認知やコミュニケーションの力を育むことをめざしていく。

 

② 小学部 めざす子ども像

がんばる子                                   (物事に興味関心をもって生き生きとがんばる子 ※自立にむけた姿)

 ・興味関心をもって、物事を見たり聞いたりすることができる。

 ・興味関心をもって、主体的に学習に取り組むことができる。

 ・興味関心をもって、主体的に体を動かすことができる。

 ・興味関心をもって、主体的に役割に取り組むことができる。

 
○なかよくする子                                 (友だちや大人に興味関心をもって、自分なりの方法でかかわる子 ※社会参加にむけた姿)

 ・一人一人の方法で、友だちや大人にあいさつや返事ができる。

 ・友だちや大人を受け容れたり、気持ちや要求を伝えたりできる。

・集団活動に参加したり、大人や友だちと仲良くしたりすることができる。

 

③ 小学部 日課表

④ 小学部 学部経営重点事項

 

Copyright (C) 埼玉大学教育学部附属特別支援学校 All Rights Reserved.