UA-120072558-1 中学部の活動の様子 | 埼玉大学教育学部附属特別支援学校

中学部の活動の様子

【日常生活の指導】
<ねらい>
学校生活の様々な活動を通して、生活習慣や生活技術を身に付け、 日常生活が充実し高まるようにする。
☆活動例 「身辺処理・家事」「係活動」「そうじ」「朝・帰りの会」「給食」など
<活動例>
「家事」で取り組む活動の例(個別の指導計画に基づき、家庭と連携して設定される)
・トイレ、廊下、特別教室などの掃除
・教員室、各教室、特別教室のゴミ集め、ゴミ捨て
・ペットボトル、空き缶の分別
・お茶作り、調理活動
・洗濯、アイロンがけ、洗濯干し、畳んで収納



【生活単元学習】
<ねらい>
生活の授業は、生徒が興味関心を持ち、学校や社会生活と自分とのつながりを感じることのできる題材を用い、生徒が持てる力を最大限に発揮することのできる実際的で体験的な学習機会を設定する中で、各教科における知識や技能を学び、必然性のある活用をすることを通して、生徒が自ら活動に対する意欲や行動を喚起させたり、生活にかかわる技術技能を獲得したり、日常の生活にある課題を解決したりすることができるようになる。

 【学習の例】
☆学級「いいねベーカリー(パン屋)&カフェ」「キャンプをしよう」「校内実習」
☆学部「林間学校・学部レクをみんなで頑張ろう」「運動会・学部種目を頑張ろう」「3年生を送る会~3年生 をおもてなししよう」

 

 

【作業学習】
<ねらい>
 作業活動を学習の中心において、様々な内容を総合的に学習していき、生徒の働く態度や意欲を培い、将来の社会生活の自立を目指した取り組みを行う。

牛乳パックを細かくちぎったり、ビニールをはがした等、主に手指の巧緻性、操作性をねらった「紙すき班」、 足腰に力を入れてスコップや耕耘機等の道具を扱う等、体の動きを体験することをねらった「農園芸班」の2つの作業種を設定している。
 
 
【音楽】
<ねらい>
 音楽活動を通して、音楽を楽しみ、表現する喜びを味わうことや、集団で音楽活動に取り組むことを通して、集団での活動を楽しめるようにするとともに、お互いに認め合う気持ちや、協力しようとする態度を育てる。 
【体育】
<ねらい>
・運動に対する興味・関心を広げて、筋力、持久力、調整力等の全身的な体力の充実を図る。
・社会自立に必要な体力をはじめ、器具・用具の準備 や片付け、またルールのある運動を通して、判断力、責任感、協調性など集団で行動する力を養う。
・朝の運動(月~金) マラソンとサーキット運動を行う。
・体育(火)午後 ボール運動を中心とした集団ゲーム運動を行う。
 
 
【がんばりタイム(各教科の指導・自立活動)】
・ことばや数をはじめとした各教科での知識や操作技能を、理解を基にして日常生活の中で活用できるように身につける、知識や技能を活かして活動する、など同時に学ぶ。
・人間関係の礎となるコミュニケーション手段の獲得、自己や他者の認知や理解、対応スキルの確立を図る。
・自立に向けて課題の克服を目指し、知識や技能を学ぶことで自ら克服しようとする意欲を育てる。



【中学部タイム(総合的な学習の時間)】
生徒一人一人の興味や関心をひろげるとともに、生徒自らが興味や関心を持った事柄や活動内容に対して、集中して取り組んだり、課題を立て探求したり、力の向上を図ったりする。また、余暇活動などへの発展を目指す。
 
<活動例>運動、工芸、メディアデザイン、音楽等
 
Copyright (C) 埼玉大学教育学部附属特別支援学校 All Rights Reserved.