UA-120072558-1
  • ホーム
  • 臨床研究センター しいのみ

新着情報

2018.06.15

まだ準備中のページもありますが、今後、コンテンツの充実を図っていきます。

2018.04.25

平成30年度前期の学校公開について、ご案内を開始いたしました。

臨床研究センター しいのみ

 

特別支援教育臨床研究センター年報投稿規程

コチラのPDFファイルをご確認ください。

 

しいのみサマーセミナー

コチラのPDFファイルをご確認ください。

 

「しいのみ」とは

埼玉大学教育学部附属特別支援学校のシンボルは「しいの木」です。 校庭の一角にあるしいのき林には、秋になるとたくさんのどんぐりの実がなります。そこは子どもたちの憩いの場となっています。子どもは、たくさんの可能性を秘めたどんぐりのような存在です。

私たちは子どもたちの健やかな成長を、少しでもお手伝いしたいという願いを込めて、当センターを「しいのみ」と名付けました。 

 

保護者の方へ
◆ 集団行動が苦手
◆ お遊戯に参加できない
◆ 友達とうまく遊べない
◆ 先生の話が聞けない
◆ じっとしていられない
◆ 忘れ物が多い
◆ 気が散りやすい
◆ かんしゃくが多い
◆ こだわりが強い
◆ 音読がすらすらできない

◆ 計算が苦手

まずはお電話でご相談ください。匿名でも構いません。

電話によるご相談時間

TEL 048-654-0961

※ご相談の内容により、来室相談に移行する場合もあります。
※学校行事、学校コンサルテーション、会議等によりスタッフが不在の場合がありますので、ご了承下さい。 
 

 

学校関係の方へ

特別支援教育臨床研究センター「しいのみ」では、日々の教育実践にあたっていらっしゃる先生方とご一緒に、子どもたちの支援を考えていきたいと思っています。 

【学校コンサルテーション】
*「学校コンサルテーション」の名前は聞いたことがあるけれどイメージがつかめない。 
*うちの学校にも来てくれますか? 
*時間は、どのくらい、かかりますか? 
*事前に準備することはありますか? 
*校内のコンセンサスを得るには、どのように進めると良いですか? 
まずは、お電話にてお問い合わせください。
TEL 048-654-0961 
 

学校コンサルテーションの流れ(手続き)

① 日程調整 

実施が決まりましたら、貴校の管理職の先生から、特別支援教育臨床研究センター長宛ご依頼のお電話をお願いします。 

<附属特別支援学校>
TEL 048-663-6803
その後、担当者が日程や時間について調整をさせていただきます。 

 

② 派遣申請書の作成 

派遣には学校長等の管理職の先生から、特別支援学校長への派遣依頼の書面をお願いしています。派遣依頼書の記入例がありますが、貴校の書式がある場合は、そちらをご活用ください。 

 

③ 学校コンサルテーションシートの作成 

限られた時間の中で、少しでも多くの協議を行うために記入していただいています。 事前に「ガイダンス」と一緒に送付いたしますので、学校コンサルテーション実施日一週間前までにご提出をお願いします。 

 
 

④ 学校コンサルテーションの実施 

対象となる児童生徒や時間割等の実情によって異なりますが、園や学校での様子を参観したのちに関係する先生方と協議をします。 複数の児童生徒を対象にしたり、保護者との面談を組んだりすることも可能です。  

 

検査機器の貸し出し

当センターでは、心理検査器具の貸出を行っています。 ご入用の期日の一か月前までに、予約をお取りください。貸出期間は二週間を目安にしてください。 お問い合わせは、以下までお問い合わせください。

TEL 048-654-0961

なお、貸出にあたっては、所属長の借用依頼書をお持ちくださるようお願いします。 

・貸出可能な検査器具一覧 

 

しいのみ便り

しいのみ便り (NOをクリックすると表示されます。)

平成25年度平成26年度
平成25年4月24日NO1平成26年4月16日NO1
平成25年7月23日NO2平成26年9月16日NO2
平成25年9月18日NO3平成26年10月14日NO3
平成25年11月5日NO4平成26年12月18日NO4
平成25年12月20日NO5
平成27年度
平成27年5月8日NO1
平成27年9月30日NO2

 

Q&A
Q相談やコンサルテーションに費用はかかりますか?
A電話相談、コンサルテーションは無料で行っております。
 
Q相談時間はどのくらいですか?
Aお電話でのご相談は30分程度が目安とお考え下さい。
 
Qしいのみに車で行くことは出来ますか?
A校内に駐車場を用意してあります。詳しくはお問い合せ下さい。 

 

スタッフ

「しいのみ」のスタッフは、特別支援学校教員を含む専門相談員、大学教員で構成しています。これまで、就学前施設・保育所・幼稚園から小学校、中学校、高等学校、特別支援学校といった多方面に渡ってコンサルテーションを実施し、様々な相談に応じてきました。 これからも、埼玉県の特別支援教育の構築、充実に向け活動を展開していきたいと思っています。お子さまの発達、児童生徒の発達のことで心配なことがあればご相談下さい。

【埼玉大学教育学部附属特別支援学校 教員】 
◯ 神田 佳明
◯ 江袋 明
◯ 加藤 和子
◯ 大﨑 由香里
 
【専門相談員】 
◯ 国分 操
◯ 服部 純一
 
【埼玉大学教育学部 教員(スーパーバイザー)】
◯ 細渕 富夫
◯ 葉石 光一
◯ 名越 斉子
◯ 山中 冴子
◯ 尾﨑 啓子
◯ 椋田 容世

 

これまでのセミナー概要

平成17年度より、さいたま市の保幼・小・中学校の先生方を対象としたセミナーを開催しています。平成21年度より「通常学級の特別支援教育支援員向けセミナー」も開催しています。

<平成26年度>

通級学級の特別支援教育支援員向けセミナー 於 埼玉大学教育学部附属特別支援学校

 月日内容講師
 第1回

8月20日

<開会行事>
<講義>
「現場を支える支援員のあり方 ~職務充実感を高める取り組み について~」
<講義>
発達障害基礎講座
発達障害発展講座
<グループワーク>
演習
上越教育大学
加藤哲文先生

特別支援教育臨床研究センター
スタッフ

<平成25年度>

通級学級の特別支援教育支援員向けセミナー 於 さいたま市 プラザノース セミナールーム

 月日内容講師
 第1回

8月23日

<開会行事>
<講義>
発達障害基礎講座
<講義>
「通常の学級における配慮が必要な児童生徒への支援について」
<グループワーク>
演習
<講義> 
「小・中学生のこころの発達」
すべての子どもが活きる仲間集団づくりをめざして


特別支援教育臨床研究センター
スタッフ

<平成24年度>

通級学級の特別支援教育支援員向けセミナー 於 埼玉大学教育学部附属特別支援学校 音楽室

 月日内容講師
 第1回

8月23日

<開会行事>
<講義>
発達障害基礎講座
<グループワーク①>

<講義> 
「小・中学生のこころの発達」
すべての子どもが活きる仲間集団づくりをめざして

<グループワーク②>

特別支援教育臨床研究センター
スタッフ


埼玉大学教育学部
吉川 はる奈先生


<平成23年度>
発達障害セミナー 於 埼玉大学総合研究棟 シアター教室

 月日内容講師
 第1回

6月18日

<開会行事>
<講演>
特別支援教育の現状と課題~医療の立場から考える~
社会福祉法人毛呂病院
光の家療育センター 
鈴木 郁子先生
 第2回

6月18日

<講演> 
通常学級での支援~巡回相談からみえてきたこと
 埼玉県立大学
森 正樹先生
 第3回

7月2日

<講演>
特別支援教育新時代を切り拓く
立教大学現代心理学部
大石 幸二先生 


通級学級の特別支援教育支援員向けセミナー 於 浦和コミュニティーセンター10階13会議室


 月日内容講師
第1回

8月17日

<開会行事>
<講義>
児童生徒の実態把握 「本当の私をみつけての活用の仕方について」

通常学級で気になる子のサッとツール&ふわっとサポート
特別支援教育臨床研究センター
千代田 義明

所沢市教育委員会学校教育課
健やか輝き支援室支援委員
阿部 利彦先生


<平成22年度>
発達障害セミナー 於 浦和コミュニティセンター9階第15集会室


 月日内容講師
第1回

6月19日

<開会行事>
<講演>
“発達障害のある子どもたちのためのSST”
東京学芸大学
教育実践研究支援センター
橋本 創一先生
第2回

8月21日

<開会行事>
<講演> 
“社会性を育むソーシャルスキルトレーニングの実践”
明星大学人文学部
心理・教育学科
小貫 悟先生
第3回

8月21日

<事例検討>
“子どもたちの困り感への具体的な支援について”
埼玉大学教教育学部
名越 斉子


通級学級の特別支援教育支援員向けセミナー 於 埼玉大学附属特別支援学校音楽室


 月日内容講師
 第1回

7月23日

 

 発達障害基礎講座

教室で困っている子への具体的な支援方法
 特別支援教育臨床研究センター
千代田 義明 / 大島 富惠

所沢市教育委員会学校教育課
健やか輝き支援室支援委員
阿部 利彦先生


発達障害・情緒障害通級指導教室担当者のための研修会 於 埼玉大学附属特別支援学校音楽室

 月日内容講師
 第1回12月27日通級指導教室で行うソーシャルスキルトレーニングのポイント

テーマ別研修 
 埼玉大学教育学部
名越 斉子

特別支援教育臨床研究センター
スタッフ


<平成21年度> 
発達障害セミナー 於 埼玉大学教育学部A棟2階 / 埼玉大学教育大学附属特別支援学校音楽室

 月日内容講師
第1回6月27日<開会行事>
<基調講演>
“保育園・幼稚園、小学校、中学校が連携する特別支援教育”

岡山大学大学院教育研究科教授
佐藤 曉先生
第2回7月25日<実践報告>
“幼稚園と小学校との連携について”
“小学校と中学校との連携について”
<協議>
“連携について考える”
足立区杉の子幼稚園
金杉 洋子先生

東松山市立南中学校
岩品 修先生

特別支援教育臨床研究センター
スタッフ
第3回8月22日
<実践報告>
“専門機関との連携について”

<協議>
“これからの実践について語り合おう”
朝霞市立朝霞第二小学校教諭・
特別支援教育コーディネーター
玉本 宏先生

特別支援教育臨床研究センター
スタッフ



<平成20年度> 
発達障害セミナー 於 埼玉大学教育学部A棟2階

 月日内容講師
第1回6月14日<開会行事>
<講義>
“発達障害のある人と家族が抱える困難と必要な援とは”
日本発達障害ネットワーク代表
全国LD親の会会長
山岡 修先生
第2回7月19日<講義>
“卒業後の働く生活の実現と支援のありかたを考える”
~発達障害がある生徒の主体的な進路指導と移行支援を踏まえて~
目白大学教授
松矢 勝宏先生
第3回8月30日<実践報告>
“将来の自立に向けて今(幼児期・小中学校・高校)できること”
<協議>
県内小学校通常学級担任

発達障害のある
現役高校生の保護者
「しいのみ」スタッフ



<平成19年度> 
発達障害セミナー 於 大宮ソニックシティ

 月日内容講師
第1回6月30日<講義>
発達障害の理解と支援 -医療現場からの提言-
埼玉県立精神医療センター
朝倉 新先生
第2回8月25日<実践報告><協議>
特別支援教育における地域連携の在り方 -小学校の取り組み-
越谷市立越ヶ谷小学校
大野 咲位先生
第3回8月25日
<協議>
レッツ、校内研修会 -校内研修会のためのあれこれ-
埼玉大学教育学部
名越 斉子

埼玉大学附属特別支援学校
大美賀 了
第4回9月1日<実践報告><協議>
特別支援教育における地域連携の在り方 -特別支援学校の取り組み-
埼玉県立久喜養護学校
飯塚 京子先生



<平成18年度> 
発達障害セミナー 於 大宮ソニックシティ

 月日内容講師
第1回7月1日<基調講演>
法改正に伴う今後の特別支援教育と全国的動向
上越教育大学
加藤 哲文先生
第2回7月22日<講義>
軽度発達障害児のためのソーシャルスキルトレーニング
埼玉大学教育学部
名越 斉子
第3回8月26日<講義>
外部支援を活用した校内支援体制づくりの構築
埼玉大学附属教育実践総合センター
尾﨑 啓子
椋田 容世
第4回9月9日<講義><グループ討議>
「こんな時どうする?」
-つまずきのとらえ方と具体的対応方法-
埼玉大学教育学部
名越 斉子



<平成17年度> 
発達障害セミナー 於 大宮ソニックシティ

 月日内容講師
第1回1月28日<基調講演>
軽度発達障害と学校教育の課題
<講義>
海外の特別支援教育の現状
埼玉大学教育学部
細渕 富夫
山中 冴子
第2回2月11日<講義>
発達検査法の実際
<演習>
WISC-Ⅲの実際とその解釈
埼玉大学教育学部
細渕 富夫

「しいのみ」相談員
第3回3月4日<講義>
「校内支援体制づくりの実践」
学校コンサルテーションの実際と効果
<グループ討議>
埼玉大学附属教育実践総合センター
尾﨑 啓子

「しいのみ」相談員

アクセス

  • 〒331-0823                             埼玉県さいたま市北区      日進町2-480
  •   TEL:048-663-6803 
  •   FAX: 048-666-3670
  • <アクセス方法>                        JR川越線「日進駅」より徒歩12分

外部リンク

Copyright (C) 埼玉大学教育学部附属特別支援学校 All Rights Reserved.